自宅で市販の縮毛矯正・自分でまっすぐに縮毛矯正できる??

〇 自分で市販の薬剤で縮毛矯正ってできるの?? 

 

 

・私は美容師になり30年以上です。(年がばれちゃいますが 笑)  これまでに縮毛矯正を施術したお客様は数知れず・・・毛髪の構造化学や薬剤の知識などを学んできました。

・「 実際の体験談です 」私がまだ高校生の頃、自宅で縮毛矯正(その頃はまだ縮毛矯正はなかったからなのです!)

ではありませんが・・・ 「〇ネ〇ルのホームパーマ」と「ロッド・ペーパー」など一式を買い込み、自分でフロント(前髪)のパーマに挑戦したことがあります。

 

そして・・・結果は・・・

 

前髪チリチリ~!!ざんね~ん!!悲惨な結果でした。

 

カッコ良く!ビーバップハイスクールの「ヒロシ」になるはずだったのが、

事件記者「チャボ」になってしまったのです!(古い!)

 

 

私はその頃はピュアな高校生だったので、ナ~ンの知識もなく失敗の原因は「自分のロッドの巻き方が下手で技術がない」から失敗したのだと思ってました。

でも・・・美容師になってみて気づいたのです!!

 

「本当はそうじゃなかった~!」

 

〇 それじゃあナゼ「自分でパーマ」は失敗したのか?

・その答えは・・・高校生の頃の私には「知識」がなかったからなのです!

・私の髪は、「硬く」「多く」「くせ毛」です。その時のパーマの説明書には「硬い髪の人は1液を塗布後、「15分間」時間をおいて下さい。」と書いてありました。正直者で疑うことを知らなかったピュアな高校生の私は「自分の髪は硬くて、多くて、しっかりしてるから15分以上時間をおいた方が良いのかな~?」っと17分位1液の時間をおいてしまったのです!

・自分が美容師になって分かったことですが、私の髪は「硬くて」「多くて」「しっかり」してるけど「くせ毛」なのでパーマがかかりやすく、「弱めのパーマ液」で、「短めの1液放置時間」じゃないとパーマがかかりすぎてしまう髪質だったのです!!

・この様な私の経験談でも分かるように、縮毛矯正よりも比較的(あくまでも)失敗の少ないパーマでも「知識」がなければ・・・私のように失敗して暗黒の黒歴史な高校時代を過ごすはめになってしまうのです!

〇じゃあ縮毛矯正を自分でやったらどうなるの?

・では、自分で縮毛矯正をやるリスクを挙げてみましょう。

① 痛む

② まったく真っすぐにならない

③ 余計に広がる

④ 髪の根元が折れる

などです。

「な~んだ、その位なら想定の範囲内だよ!」

なんて、思った人多いでしょう?これはまだまだ序の口で・・・本当に恐ろしいのは・・・

⑤ 髪が根元から折れてプ~ラプラ (切れてしまう一歩手前)

⑥ 髪が根元から切れてしまう!(いわゆるハゲ状態、もとに戻るまでは半年から1年以上!! 髪は1ヵ月に約1cm伸びるので、フロント・トップが根元から切れちゃったら肩くらいのなるまで約2年!!)

⑦ 毛先がチリチリ~!! (チリチリになってしまうと、もう元の様には戻りません。でも毛先ならカット出来る・・・)

⑧ 髪が根元からチリチリ~!! (根元からチリチリになってしまったら元には戻らないので、髪が伸びるまで待つしかありません。)

ここまでになってしまった髪でも、知識と技術がある経験豊富な美容師なら多少落ち着かせることは出来るかも知れませんが・・・それでも、それよりもっとひどくなってしまう「リスク」と「お金」がかかってしまいます。

・これは大袈裟や誇張ではありません。実際、年に数名はプロの美容室で縮毛矯正をやって貰ったにもかかわらず、部分的に髪が根元から切れてしまっていたり、根元からチリチリになってしまったお客様が来店されます。※美容室でやって貰ったにもかかわらずです!!

 

〇それでは、なぜ自分で縮毛矯正は出来ないのでしょうか?

・まず「髪質」は、100人いれば100人が全く違います。同じような髪質にみえても施術してみたら「全然違った」なんてことは日常茶飯事です。加えて「髪質」はフロント・トップ・サイド・ネープなど部分的にも全く「太さ」や「性質」が違います。なのに市販の縮毛矯正剤は種類が少なく、髪質に合わせて細かく使い分けすることが難しい。

・そして、美容師がお客様に縮毛矯正を施術する場合には・・・

〇カラー・パーマ・縮毛矯正・セルフアイロン等の普段のスタイリング方法など、お客様の「髪の履歴」によって現在の髪の状態を把握

〇見た目や手触りなどで髪のダメージを見極める

〇沢山の薬剤の中から、頭の各部位(フロント・トップ・サイド・ネープなど)毛髪の各部位(根元・中間・毛先など)において細かく使い分け

〇頭の各部位・毛髪の各部位によって、薬剤を放置する時間も細かく計算して変えながら施術しています。

〇そしてその「知識」を生かすためには確かな「技術」が必要なのです。

・ネットでは「自分で縮毛矯正が簡単にできる」かのような書き込みが沢山のっています。その中には絶対にあり得ない危険なものが、さも自分でやった経験のように多数書き込みされています。私も何も知らない高校時代なら信じてしまって自分で縮毛矯正をやってしまったでしょう。私は以前からこの様な書き込みがあることを知って、正しい知識を皆さんに知っていただきたいと思っていました。今回、お店のホームページのリニューアルを機会にこの様な情報を発信して行きたいと思っています。

・私のように「何でも自分でやってみた~い!」と云う方は多いと思いますが、沢山の「リスク」を背負って自分で縮毛矯正をするよりも、あなたの髪のことを親身になって考えてくれる美容師さんを探してください。私の高校時代の様に暗黒の黒歴史を過ごさないために・・・

DSC_1038

 

 

関連記事一覧

最近の記事

SALON INFO

桶川の美容院・美容室
raise hair design
[ライズヘアーデザイン]

営業時間:9:00~18:00(カット最終受付)
定休日:毎週火曜日、他2日
住所:埼玉県桶川市寿1-15-18

[ACCESS MAP]

PAGE TOP